PHILOSOPHY

bequeathでは変色や摩耗  歪みなど


エイジングに伴う変質を偶然の産物的な


価値と捉えており


その見極めも然る事ながら


古材を単に組み上げるのではなく


モノへのリスペクトの裏側にある


"背徳"との狭間にプロダクトを置き


物理を成立させています

いわゆる経年加工やリメイクの類とは


真逆のモチベート

画があって 素材として


「使える」「おもしろい」


という発想とは似て非なる


モノの素養からデザインを見出す"着想"

(断つ 打つ 削る)


等の行為は最小限に抑え


まるでそう在ったかの様に


ナチュラルに再構する感性と"マナー"

モデルネームを付与する意味も


そういった考え方の基に存在します

機能や流行を凌駕する


意志を帯びたデザインを

© bequeath. ALL RIGHTS RESERVED. 古物商許可  第621010190169号